肋間神経痛の対策と治療

2009年06月02日

肋間神経痛 背中

肋間神経痛 背中


肋間神経痛は脊髄から肋骨に沿って伸びているために、背中に痛みを感じることもあります。

大きく深呼吸をしたり、かっらだをひねったりすると痛みを感じます。


原因は、当サイトの『肋間神経痛 原因』にもあるように、骨や筋肉による神経の圧迫、もしくは腫瘍や椎間板ヘルニア、骨折や脱臼など外傷の後遺症などによっても痛みを感じます。

背骨の中には脊髄神経が通っており、この神経が何らかの理由により圧迫されることがあります。

背中に現れる肋間神経痛の症状としては、かゆみ、しびれ、鈍い痛みや激痛まであり、突然痛み襲われます。

さらに、投射痛という痛みの引き金となる場所があり、皮膚や粘膜などの動きによっては痛みを誘発するために、その痛みが背中に投影されている可能性もあります。

posted by bobo01 at 02:24| ■肋間神経痛 背中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

肋間神経痛 治療

肋間神経痛 治療


肋間神経痛治療は、まず医師との相談が必要ですが、その上で原因が何であるのかを明らかにする必要があります。

当サイトの肋間神経痛の原因でもご紹介しましたが、痛みの原因には明らかなものと不明なものがあります。


肋間神経痛の治療法は、


肋間神経に麻酔針を打つ
骨のズレを矯正する
内臓疾患場合はその病気の治療


などです。


鍼治療は神経痛に有効な治療方法とされており、肋間神経痛にも有効でもあるようです。


●原発性の肋間神経痛

原発性の肋間神経痛は、筋肉や骨によって神経が圧迫される事によって起こる症状なので、骨を矯正することで痛みは改善されます。

骨を矯正しても痛みたがある場合は、狭心症やヘルニアなどの疑いもありますので、内科または整形外科へ相談しましょう。



●大きく深呼吸すると痛む
肋骨の骨折の疑いがあります。


●短時間で消える痛み
短時間といっても、その継続する時間などでも違いがあります。

ちょっとさすっている程度で消える痛みは原発性の肋間神経痛だと思われますが、数分以上の痛みが継続するようであれば狭心症などの疑いがあります。

また数時間、数日と長期に痛みを感じる場合は、ヘルニアやウィルスによる帯状疱疹の可能性があります。


posted by bobo01 at 02:22| ■肋間神経痛 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

肋間神経痛 原因

肋間神経痛 原因



肋間神経痛の原因はさまざまですが、原因が明らかなものと不明なものがあります。

ストレス
神経圧迫
ウィルス感染による帯状疱疹
栄養障害
狭心症
脊髄や脊椎の変形性病変・腫瘍
ヘルニア
肋骨骨折

などがあります。


肋間神経痛
の原因として最も多いものは、筋肉などの肉体的疲労やストレス、姿勢の悪さから骨などが神経を圧迫してしまうことによって痛みが生じます。


事故などによる後遺症と内臓疾患からの痛みなどもがあり、とくに内臓疾患が原因の痛みである場合は、かなり危険な状態である可能性あります。ます。

ひどい痛みが頻繁に出る場合は、医師に相談しましょう。


posted by bobo01 at 02:20| ■肋間神経痛 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。